地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、高松の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

高松の地域情報サイト「まいぷれ」高松市

PET the WORLD -ペットザワールド-

意外と簡単、でも効果抜群!? うちの子も変われる犬のしつけ教室とは?

なんと!あの映画「きな子~見習い警察犬の物語~」の訓練士さん直伝です!!


こんにちは~!まいぷれ高松の編集部です!

最近ちょっと小耳にはさんだのですが、犬のしつけに苦労している人が増えているそうですね~。
やたら吠える、甘噛みが直らないなど、かわいいけど言うことをきかない愛犬に悩まされているそうです。

そんな悩みに応えてくれるのが、ドッグトレーナーさんなのだとか。
そのドッグトレーナーさんが、高松市内の河川敷で「犬のしつけ教室」を開催するという情報をキャッチしたので、早速取材に行って来ました。


しつけ教室の会場は、辺り一面きれいな芝生が広がる河川敷。ワンちゃんたちも思う存分走り回れて気持ちいいでしょうね~♪


今回のしつけ教室を主催するのは、チーズドッグアカデミーの川西智紗先生です。
川西先生は、なんと日本警察犬協会の公認訓練士なんです!警察犬の公認訓練士は県下でも数えるほどしかいなくて、厳しい訓練と長い年月をかけてやっとなれるそうです。

また映画をご覧になって涙したという方も多いと思いますが、地元香川を舞台に警察犬試験に何度も失敗しながらも挑戦し続けたラブラドール・レトリバーと二人三脚で歩んだ訓練士との心温まる物語「きな子」。そのモデルになった訓練士さんが実は川西先生なんです!

そんな有名な方のお話が聞けると思うと、ワクワクしてきました~♪

そしてしつけ教室のお手本役を務めてくれるのが、シェパードの茶々さん(6才)です。
体重は30kgもあり、初めて見た人はその大きさにビックリするかもしれませんが、実はすごく大人しいんです!数日後には警察犬になるための大事な試験が控えている中、参加してくれました。


しつけというのは、そもそも飼い主さんがいかにリーダーシップをとれるかに懸かっているそうですが、今回お散歩を通じてそのリーダーシップを学びます。

お散歩がきちんとできれば、その他のしつけにも応用がきく内容になっているそうなので、みなさんもぜひ参考にしてくださいね♪

今回参加したワンちゃんは8頭で、ほとんどが成犬です。今から何が始まるのかワンちゃんたちも興味津々。


今日の流れは・・・

・アイコンタクトやおすわり等の基本レクチャー
・お散歩でのリードの引っ張り対策
・個別訓練、アドバイス
・質問タイム


ワンちゃん同士の挨拶も終わったようなので、今からしつけ教室のスタートです!

初めは基本のアイコンタクトから

「みなさん、おやつは準備していますか?大きいと食べるのに時間がかかるので、一口サイズにしてくださいね。」と川西先生。

「まず初めはワンちゃんの名前を呼んで、おやつをあげてください。その時に目が合えばもっといいですね。」


「名前を呼ぶ時に一つ気をつけて欲しいのが、なかなか向かない時に怒った口調にならないこと。」

「自分の名前を怒った口調で呼ばれると、名前=怒られてるになるので、ワンちゃんにとって名前を呼ばれることが不安になるんです。」

「名前を呼ぶ時は、必ず優しい口調で呼ぶことを心がけてください。」


飼い主さんはワンちゃんに語りかけるように、優しく名前を呼びながら、おやつをあげていました。

おおっー!確かに優しく名前を呼んだ方が、ワンちゃんの反応も良さそうです!


「あと目が合えば、優しく褒めてください。犬は賢いので、ニュアンスや雰囲気で飼い主さんの気持ちを理解します。」

「優しい口調だと褒められてると感じるし、口調がきついと怒られてる=怖いと感じます。」


「アイコンタクトとか名前を呼ぶ時は一言《そう、そう》とか《いい子、いい子》とか何でもいいので褒めてあげてください。」

「褒める時に撫でてあげるのはOKですが、小型犬の場合は上からではなく下から撫でます。しゃがんだりして、目線を近づけてあげることも大事。目線が近づくとワンちゃんも近づきやすくなります。」

「ただお散歩とか、言うことをちゃんと聞かせたい時は、目線を離して人間と犬としてお互いの立場をわきまえさせてください。目線が近いと言うことを聞かせたいのに、立場が同等になってしまって言うことを聞かなくなります。」

ワンちゃんも大好きな飼い主さんから褒められて、とっても嬉しそうですね(#^.^#)

「おやつ」=「褒める」

「次は、おすわりをします。おすわりが出来たらおやつをあげてください。」

「その時にアイコンタクトと同じように《そう、そう》とか《いい子、いい子》と、褒めてあげてくださいね。」


「何故おやつをあげるのと一緒に褒めるかというと、おやつがないと座らなくなったり、名前を呼んでも来なかったりします。なので《褒められる言葉》と《おやつ》を同じことだと認識させるためなんです。」


「今度はおやつなしで、言葉だけでおすわりをさせてください。」

「ワンちゃんが、あれ?おやつないのかなと思っても、言葉だけ。褒められる言葉を意識させましょう。」


どのワンちゃんも初めはおやつを期待していましたが、飼い主さんから《いい子、いい子》と褒められると、おやつがなくても飼い主さんの言うことをちゃんと聞いていました!

ちょっとしたきっかけで、アイコンタクトやおすわりが、ちゃんとできるようになりました!
みんなおりこうさんですね~(#^.^#)



なるほど~!なリードの持ち方

「みなさん、普段リードはどちらの手で持たれていますか?」

「右利きの方は右手で持つ人が多いと思いますが、左手で持つことをお奨めしてます。」

「右利きの方は何かあった時、パッと出るのは右手ですけど、その時リードを持ってたら手が出ないですよね。」

「ウンチを取る時もリードを左手に持ち直して取ろうとすると、なかなかしゃがめなかったりするので、普段から左手で持つことに慣れてください。」

左手の親指に輪っかを引っ掛けます<br>
左手の親指に輪っかを引っ掛けます

「あとリードの輪っかは手首じゃなくて、親指に引っ掛けてください。右手で補助してもいいです。」

「手首を輪っかに入れたり、グルグル巻きにすると、引っ張られた時一緒に連れて行かれたり、抜けやすかったりします。」

手首を輪っかに入れていると・・<br><br>
手首を輪っかに入れていると・・

ガーッて連れて行かれます(笑)
ガーッて連れて行かれます(笑)
「道路を歩く時は短めに持ちますが、短く持つと常に引っ張り合いっこになるので、すこし緩むくらいでも構いません。」


リードは利き手で持った方がいいと思ってましたが、なるほど~、利き手をフリーにするために、左手で持つんですね!そう言われれば納得です。

実際にやってみるとちょっと慣れが必要かも知れませんが、慣れてしまえばいざという時に手が反応しやすいのは確かです!
いやぁ~、まさに目からウロコですね!


次はお散歩でのリードの引っ張り対策

「お散歩の時、必ず引っ張られるという方、いらっしゃいますか?」

飼い主さん一同、
「引っ張られて、後からついてっちゃう(笑)」

「引っ張られるからってワンちゃんの行きたい方向に一緒に行ってると、いつまでも引っ張られるので、行きたい方向に行こうとしたら、まず止まります。」

「一回止まって名前を呼びます。さっきのアイコンタクトと同じ感じで。」

「そこでトントンと軽くリードを引っ張り、おやつを見せながら名前を呼びます。それで戻ってきたら《そう、そう》や《いい子、いい子》と褒めてあげます。」


呼び戻しの順序は・・

1.引っ張られたら、一回止まります。

2.リードが緩んだら、トントンってリードを引っ張り、名前を呼びます。
※最初のうちは、おやつを見せながら呼びます。

3.ワンちゃんが戻ってきたら《いい子、いい子》と褒めます。

戻ってきた時に褒めるのは、おやつを見せないと戻ってこないままだと、ずっとおやつを持って散歩に行かないといけなくなるからです。おやつ=褒めるです。


どのワンちゃんも、繰り返し練習していますね。


あれ!? 練習し過ぎて、バテちゃった子もいますよ~♪


さあ、お散歩の実践です!

今日練習したことの実践として、ボストンテリアのガブリエルちゃんがお散歩に挑戦することに!

普段は自分の行きたい方向に引っ張って行ってしまうガブちゃん。今日が初対面の川西先生とお散歩訓練、果たして上手くいくのでしょうか?


飼い主さんと離れたことで、初めはガブちゃんも少し戸惑った様子でしたが、川西先生の優しい声かけと毅然とした態度のメリハリある指示に、少しずつ寄り添って歩くようになり、最後は息もピッタリ!アイコンタクトもバッチリで、見事お散歩が出来ました!

ガブちゃんの華麗なウォーキングに、飼い主さんもビックリでした!

続いて飼い主さんも実践!

訓練士さんの言うことは聞くけど、飼い主さんの言うことは聞かない・・なんて子も中にはいるので、次は飼い主さんが実践します!

さっきのようにちゃんと歩けるでしょうか?


川西先生が一緒に歩きながら、お散歩のポイントを丁寧にレクチャーしてくれて・・・


見事、飼い主さんもお散歩が出来ました~!
大成功です!


教えて ちさ先生! ~首輪のこと~

川西先生が個別にアドバイスをしていると、飼い主さんから「普段気になっていたことをぜひ教えて欲しい!」と、質問タイムが始まりました。

「散歩の時、ハーネスでもいいのでしょうか?」

「ハーネスはワンちゃんが後ろに下がった時、肩のところがはずれると、スポって抜けちゃうので、少し危ないですね。」

「ハーネスはもともと犬ぞり用の道具で、胸の力を使って全身で引っ張れるので、お散歩の時、ワンちゃんが引っ張る力も増すんです。」

「首輪は、ワンちゃんが引っ張ると首が締まってウエッとなるので、引っ張ったら自分が苦しくなるのを理解すると、引っ張らなくなります。」

「あとお薦めは、ハーフチョークですね。」

ハーフチョークは後ろ半分がチェーンになっています<br><br>
ハーフチョークは後ろ半分がチェーンになっています

「首輪は輪っかのままなので抜ける時もありますが、ハーフチョークはワンちゃんが引っ張るとチェーンの部分が締まるので抜けません。」

「でも、きちんと歩けるとチェーンが緩むので、首は苦しくないんです。」

ワンちゃんが引っ張ると、ここが締まります<br><br>
ワンちゃんが引っ張ると、ここが締まります


へぇー、ハーフチョークか~。こんな便利な首輪があるなんて知らなかったです。ウチの愛犬にも試してみようかな。

教えて ちさ先生! ~褒める?叱る?~

「今までうちの子を名前で叱ってたのですが、今までのことをリセットできますか?」

「名前と叱りを合体させないことですね。習慣づけることが大事です。今から気をつければ、リセットはできます。」

「普段から叱り過ぎると、叱られることに慣れてしまって《お母さん、また怒ってる。うるさいなー》と、肝心な時に叱りが使えなくなります。」

「でも多頭飼いの家のワンちゃんがいたずらした時は、誰を叱っているか分からせるために名前で叱ります。名前で叱っていいのは、そういう時だけです。」


「うちの子はずっと褒めて育ててきたのですが、いいのでしょうか?」

「叱りっぱなしはダメですが、褒めっぱなしも良くないですね。アメとムチじゃないですが、メリハリがないと褒められた時の嬉しさも半減します。叱ったら褒める。褒める為に叱るのです。メリハリが大切ですね。」




今日のおさらい


・名前は優しく呼ぶ

・おやつ=褒めるの意識づけ

・引っ張ったらトントン、出来たら褒める

引っ張ったらしんどくって、引っ張らなかったらしんどくないということをワンちゃんに分かってもらうのが、今日のテーマ。

普段のお散歩コースだと引っ張るので、まずはご自宅の中で、トントンの練習を始めてください。

出来たら褒める。これが大事!<br><br>
出来たら褒める。これが大事!

今日は大活躍だったガブちゃん!でもワンちゃんはそれぞれ性格も違うので、1回のレッスンでどの子も劇的に変わるかというと難しいかもしれません。

でも、飼い主さんが知識としてしつけのコツが分かり、実際に体験しながら学べたことはとても良かったのではないでしょうか?

ガブちゃんのビフォー&アフター!<br><br>
ガブちゃんのビフォー&アフター!

飼い主さんから今日の感想

参加された飼い主さんに今日の感想を伺いました。

・散歩の時、どうしてもうちの子が主導権を持っていたので、今日教えてもらった1回立ち止まって呼び戻すのを普段の散歩で練習したいです。私の顔を見ながら散歩ができるようになったら嬉しいですね。

・叱る時はどうしても名前で叱ってました。さっそく今日から名前で叱らないよう気をつけます。
あとなかなかドッグランに連れて行けてなかったので、久しぶりに他のワンちゃんと遊ぶことができて良かったです!

・褒めることって大事だなぁと思いました。あと散歩の時、うちの子の行きたい方にばっかり行くんじゃなくて、1回立ち止まるという厳しさも必要だと分かりました。



今回参加したワンちゃんのご紹介

どの子も個性豊かでとってもキュート。天真爛漫なしぐさに癒されました♪

ガブリエルちゃん
そら豆くん
ランディくん
虎くん
ちっぷすくん
まろんくん
コウちゃん
しほちゃん

最後に今日参加された皆さんとワンちゃんで集合写真(#^.^#)

いっぱい遊んだので、夜は爆睡だった子もいたそうです♪


今回は集団でのしつけ教室になりましたが、普段は個別で対応されているそうです。

ウチにもワガママな愛犬がいるので、一度個別にご相談したいな~と思いました(^◇^)

【取材協力】
◆チーズドッグアカデミーのホームページ
  http://cheesedog.net

またしつけ教室を主催された川西先生に、これまでの歩みや将来の夢についてお聞きしたインタビュー記事を下記に掲載しておりますので、あわせてご覧ください。

香川でがんばっじょるけん
人と犬が笑顔になれる社会を目指して! はこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう
まいぷれ高松の最新記事をお届けします

PICK UP 高松のお店 ~暮らし・相談~

  • 有限会社 熊野モータース

    有限会社 熊野モータース

    高松市下田井町579-2

    [ 新車販売/各種点検・整備/車検 ]
    高松市内でナビなどオプション7点無料の新車! 熊野モータース

  • 託児所かくれんぼ

    託児所かくれんぼ

    高松市郷東町11-13

    [ 託児所 ]
    子供さんを預ける事に困ったらお任せ下さい

  • YSP香川

    YSP香川

    高松市春日町397-1

    [ スポーツバイク専門店 ]
    バイクを愛する仲間が集まる!!

  • まいぷれ高松編集部

    まいぷれ高松編集部

    高松市成合町930-10

    [ 地域密着型ポータルサイト編集部 ]
    あなたのまちの“コンシェルジュ”

  • ドッグサロン キャラ

    ドッグサロン キャラ

    高松市香西本町155-5 川田ビル1階

    [ ドッグサロン ]
    ナノバブルオゾン温水シャワー導入のお店!

  • 株式会社鶴市タムラ

    株式会社鶴市タムラ

    高松市鶴市町2030-14

    [ 車検・自動車販売・板金・塗装・一般整備・修理・保険取扱い ]
    全メーカー対応の車整備工場! 車のことは何でもおまかせ!