地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、高松の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

高松の地域情報サイト「まいぷれ」高松市

編集部が行ってみた!

キャンプ初心者がソロキャンプに行ってきた!

高松市内でキャンプを楽しもう!

どうも、編集部員Tです。実は秋ごろから暖かくなったらやるぞ!と計画していたことがあって、それを実行に移してみました。

それはキャンプです!ひとりで行くキャンプ。ソロキャンプってやつです。

出不精な私がキャンプに興味を持つとは、自分でもビックリです!そのきっかけとなったのが、たまたま見たキャンプ動画。解放感たっぷりの自然、ゆらゆらと燃える焚火、食事してお酒飲んでまったり過ごしてみたい、と思ってしまったんです。

で、高松市内で初心者の私でも、手軽に楽しめるキャンプ場はないかと探してみると近くにあったんです。

初ソロキャンプという期待と不安を抱え、国分寺町にある橘ノ丘総合運動公園にやって来ました。
周囲は池と山に挟まれて、山には高速道路が通っています。公園内には体育館・野球場・テニスコートやこども広場などがあり、さらに温泉施設まであるんです。

しかも、このキャンプ場は無料で利用できるのでうれしい限りです。(事前に申請手続きが必要です)
まずは、この管理事務所で許可証を受け取りました。事前に申請手続きをしてるのですんなりです。許可証は公園を巡回しているスタッフに提示を求められることも。また、帰りに返却しないといけないので、無くさないようにしてくださいね。

では、キャンプ場そばの駐車場に車を止めに行きます。


荷物の搬入のため、手前のロータリーに一時的に車を止めれますが、駐車場はこことこの上にあります。駐車場にはトイレがあり、障害者用トイレも完備されています。
トイレ横(写真右側)からでも階段があってキャンプ場へ行けます。

どこでキャンプしようかなぁ

では、キャンプ場に進みましょう!(拡大してキャンプ場にA・B・Cと記してみました)
. このエリアはロータリーや駐車場から近いので、荷物が多いときは楽です。それと、かまどが4つ設置されています。お互い譲り合って使いましょう。
左端は炭や灰を捨てる場所になってます。火の後始末はきちんとしましょう。キャンプ場の中央付近には炊事棟がありました。これらが無料で使えるとは、ありがたいことです。
B. 炊事棟の並びのエリア。かまどがあるエリアの上になります。
C. キャンプ場奥の一番広いエリアで写真右側はすぐ山になってます。
見渡す限り緑一色でとても気持ちがいいです。

あとから気付いたのですが、ここから写真左側には管理事務所まで下る道があるんです。管理事務所の横には、トイレもあって近くに自動販売機もあります。トイレは駐車場のところまで戻ってたのに、こんな近くにあるなんて~。早く気付けよ!!
階段状のゆるやかな坂道。キャンプ場から管理事務所へは、この道があります。
ここのトイレにも障害者用トイレが完備されています。

自然との共存

さて、どこに陣取ろうかと見渡しているとマムシ注意の看板が。

マムシの活動時期は4月~10月といわれていて、人が近づいても逃げないので、見落としてしまうことも。危険ですから、むやみに草むらなど近づかないようにしましょう。

「マムシに遭遇しませんように」と看板に注意しながら、奥の人の来なさそうな場所にひっそり陣取ることにしました。初心者なもんで...

これテントじゃなくタープです。ポールや木を使っていろいろな張り方ができるところに惹かれて購入しました。今回はAフレームという張り方です。簡単かと思ってましたが結構苦戦しました。

ロープの結び方もいろいろとあって練習してきたんですが、すんなり結ぶにはまだまだ練習が必要です。
Aフレームだとある程度のプライバシーが保たれますが、今はそれよりも風と太陽を浴びたいのでポールを2本追加して片翼をオープン!

変形させて開放的にしました。シートに大の字に寝てもじゅうぶんな広さです。このまま寝てしまいたいくらい、すでにクタクタになってしまいました。

ランチは簡単お手軽に

タープを張り終えてお腹も減ってきたので、お昼は手軽にスパゲッティを作ります。茹でて混ぜるだけの簡単なお仕事です(笑) でも、外で食べると一段とおいしく感じました。
火力はじゅうぶん!茹でるだけ。
火力はじゅうぶん!茹でるだけ。
たらこのソースで食すのです。
たらこのソースで食すのです。

コーヒーブレーク

有名メーカーのコーヒーバネットはお高いので、100均のドリッパーを使用。アウトドア用品っていいお値段しますよね。なので、100均で揃えたりもします。結構使える物も多くあり、壊れても精神的ダメージが少ないですから。

本日は晴天なり

お腹もいっぱいになり、コーヒーを飲んでくつろぎました。

新緑に囲まれて雲ひとつない空を眺めながら、何も考えずボーッとしていると、太陽が降り注ぐ心地よい日差しと、やさしく包む風のせいで眠ってしまいそうになります。

ラジオから聞こえてくる流行歌ですら子守唄に聞こえるほど、とても穏やかで心地の良いひとときでした。

この日はグループや家族でバーベキューを楽しむ姿が見られました。河原や河川でも、火器の使用が禁止されていたりして、バーベキューを楽しむにも場所がなかなかないですから、こういった施設はありがたいですね。

秘密基地のようだ

ひとり酒池肉林を堪能しました。
ひとり酒池肉林を堪能しました。
ランタンを消すと真っ暗です。ちょっと怖い。
ランタンを消すと真っ暗です。ちょっと怖い。
朝食はトースト、100均の焼き網が活躍します。
朝食はトースト、100均の焼き網が活躍します。
夕方にもなると、バーベキューを楽しんでいた人たちも、片付けだしたり帰られたりしましたが、宿泊の用意をしてきた私は、まったりお酒を飲みながら食事をして、一晩泊まって帰りました。次の日もよく晴れて、朝食もおいしくいただきました。初のソロキャンプは天候にも恵まれ大成功!満足のいくものでした。ちょっと朝晩が寒かったですが(泣)

これからのアウトドアシーズン、家族や友達同士でのバーベキューやキャンプもいいですが、ひとりの時間を楽しむソロキャンプ試してみませんか。絶対おすすめです!

番外編 ~簡単炊飯~

メスティンとポケットストーブ定番です。
メスティンとポケットストーブ定番です。
吹きこぼれてきたら重石を乗せて
吹きこぼれてきたら重石を乗せて
火が消えたら保温バッグに閉じ込めて
火が消えたら保温バッグに閉じ込めて
裏返して10分くらい蒸らします。
裏返して10分くらい蒸らします。
芯も残らず炊けました。
芯も残らず炊けました。
お米1合を軽く洗って200ccの水に20~30分浸けておきます。燃料は100均とかで売っている固形燃料を使います。あとは燃料に火を付けて待つだけ。だんだん燃えて小さくなっていく固形燃料の火力が、ちょうどいい感じにごはんを炊いてくれます。

番外編 ~公園~

8月31日まで「さぬきの公園めぐり」スタンプラリーが開催されてるそうです。10か所以上の公園を巡ってスタンプを集めて応募すれば記念品が当たる!ここ橘ノ丘総合運動公園も対象になってますよ!
この公園には「はくちょう温泉」という温泉施設があります。タオルやシャンプーなど販売してますのでキャンプをしても、ひとっ風呂浴びてさっぱりできますね。ちなみに外にある足湯は無料で利用できます。

名称 橘ノ丘総合運動公園
所在地 高松市国分寺町新居2069-1
電話番号 087-813-5045(8:30~20:00)
関連ページ 橘ノ丘総合運動公園
この記事が気に入ったら いいね!しよう
まいぷれ高松の最新記事をお届けします

PICK UP 高松のお店 ~遊び・トラベル~

  • ホームランドーム高松店

    ホームランドーム高松店

    高松市木太町1127

    [ スポーツアミューズメント ]
    3世代で楽しめる! 全天候型スポーツアミューズメント