地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、高松の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

高松の地域情報サイト「まいぷれ」高松市

編集部が行ってみた!

美霞洞渓谷で休日を過ごしてきた

まんのう町にある癒しの秘境~美霞洞渓谷~

どうも皆さん、大熊惹句です。

毎日じめじめとした暑い日が続いていますね。
皆さんはどう過ごされますか?
エアコンが効いているお店でのんびり?それとも、暑さに負けずにアクティブにお出かけされているのでしょうか?

私は暑い季節になると時間があれば海に川に足を運びます。
行く時の目的は、大半が釣りですが・・・(゜_゜)
今年も日焼けで、すでに真っ黒です。

今回私が訪れるのは、まんのう町の美霞洞渓谷(みかどけいこく)です!!
この場所は季節を問わず僕がオススメするスポットの一つです。
夏には青々とした木々の姿を見れます。また川辺という事もあり心地よい温度で、過ごしやすいです。
秋には紅葉を見れます。色付いた渓谷は幻想的な雰囲気に包まれています。
のんびり温泉につかりながら紅葉を楽しむのも風情があってオススメです。

美霞洞(みかど)渓谷とは?

美霞洞渓谷は、土器川支流の明神川の上流にある渓谷で、大昔には「三角」「御角」「御帝」と呼ばれていたそうです。ちなみに読み方は全て「みかど」です。
明治の末に今の「美霞洞」に名前が変わりました。

江戸時代には平賀源内によって、渓谷のほとりにある温泉の素晴らしさが紹介されています。
道の駅でその温泉に入ることも出来ます。

渓谷には景勝が八つあり、合わせて「美霞洞八景」と呼ばれています。このうち雌雄淵と呼ばれる場所には、昔大蛇が住んでいたという伝説や、大干ばつの折に弘法大師が雨乞い祈願をした場所だったりなど伝説や言い伝えがあります。

また「美霞洞八景」は「讃岐十景」のひとつにも選ばれています。

美霞洞渓谷に向けて出発♪

連日の雨で少々不安でしたが、天気が味方してくれました。
しかし、温度計の数値は32℃・・・(-_-;)

実はもう1つ、美霞洞渓谷をオススメ出来る理由があります。
それはアクセスの良さです。渓谷と聞くと狭い山道をひたすら車で蛇行する印象が強いのですが、美霞洞渓谷へは国道438号を利用して行くことが出来ます。
道幅も広くとても走り易いですよ。
438号線を走ります
438号線を走ります
ただまっすぐ走ります
ただまっすぐ走ります

ロケーション抜群の宿泊施設発見!!

阿讃琴南(あさんことなみ)
阿讃琴南(あさんことなみ)
宿泊施設の外観
宿泊施設の外観
美霞洞渓谷に向かっている途中に、なにやら新しい施設があったので寄ってみました。
2017年5月にオープンしたばかりの阿讃琴南【あさんことなみ】という名前のお宿です。
阿讃琴南の方にお話しを聞いたところ、日帰り温泉も出来るそうなので、今度訪れてみようと思います。

美霞洞渓谷に到着!!

美霞洞渓谷を目指し、車を走らせること1時間
最初は近くにある、道の駅ことなみに小休憩を兼ねて立ち寄りました。

道の駅から美霞洞渓谷へは徒歩で行ける距離です。
散策道もありますので、徒歩で向かうことにしました。

綺麗なお花
綺麗なお花
フォーカスぶれぶれ
フォーカスぶれぶれ
道を間違えた・・・
道を間違えた・・・
すでに疲れ気味の友人達
すでに疲れ気味の友人達
友人たちが写真に写っていますね、実は今回の取材は友人2人を誘い一緒に行きました(^O^)
いつもは、1人で取材に行くことが多いので、なんか変な感じがします。
友人2人はカメラが好きで車から降りるとすぐに、草花を撮っていました。

美霞洞渓谷へ向かう途中に早速問題発生、向かう方向を間違えた上、その先が行き止まり・・・
以前、訪れた時は美霞洞渓谷にある駐車場からだったので迷う事もなかったのですが、道の駅から向かうのは初めてだったので方向を間違えてしまいました(笑)

しかも、戻る途中にある看板に「美霞洞渓谷はこちら」と書かれていました。それを3人共が見逃していたとは・・・
「周りはしっかりと見ましょう」と言われても言い返せない状況です(^_^;)
橋の奥には登山口?がありました
橋の奥には登山口?がありました
「おんぶち・めんぶち」と読むそうです
「おんぶち・めんぶち」と読むそうです
夫婦岩です、支え合ってます
夫婦岩です、支え合ってます
なんか先客が居ました
なんか先客が居ました
道の駅から歩くこと15分、目的の美霞洞渓谷へ到着しました。

渓谷に入るとまず仙通橋【せんつうはし】が見えてきます。この橋の奥には登山口のような場所があり、その横には支流が流れていました。神社や石碑のような物もあり、昔はここで何かしらの行事が行われていたのでしょうか。
渓谷全体を見渡しながら写真を撮っていると、友人がこの渓谷が土器川であると教えてくれました。

降雨の少ない香川県の気象で、土器川と聞くと枯れ川となるイメージが僕の中では強く、そのせいで常に大量の水が流れ続けている川を見て、ここが土器川と言われた時は、ピンと来ませんでした。
大昔はきっと今よりも水の量も多く流れていて、徳島県との県境から丸亀城までの40キロ以上の距離を流れていて、人々の生活を支えていたのでしょうか。そう思うと壮大だなと感じます。

上流の方には川辺に下りられる階段もあるので、友人を連れて上流へ向かうことにしました。
階段までは道も繋がっているので行きやすいです。距離にしたら仙通橋から200mぐらいだったでしょうか。
上流を目指し歩く
上流を目指し歩く
心地よい音がします
心地よい音がします
岩肌の雰囲気が最高です
岩肌の雰囲気が最高です
奥の方には滝が!
奥の方には滝が!
上流へ続く道を進むと神社があり、その近くから川辺に降りる坂道&階段がありました。
奥の方には滝がありましたが、今日は濡れてもいい恰好で訪れてはいなかったので、諦めましたが、後で話を聞くと滝壺の深さは今でも不明らしいです、泳ぎには自信があるのですが、ゾッとしました。
結果的に奥まで行けなくてよかったと言ったところでしょうか・・・怖いですね(T_T)

撮影をしている時、川を覗くと魚が数匹泳いでいました。
餌を食べていたのでしょうか、岩場を何度もつついていました。写真を撮ろうとゆっくり近づいたのですが、気付かれてしまい、あっと言う間に隠れてしまいました。近くで見る事は出来なかったので、種類までは分からないですが魚が住みつくという事は水質が綺麗だということですね。

今回の取材では、友人にカメラのテクニックを教えて貰いながらの撮影を行いました。
知識が無かったので今までオート設定で行っていたのですが、手動での撮影にチャレンジしました。悪戦苦闘しながらではありましたが、いい写真を撮る事が出来ました(^_^)v
今回のベストショット(個人的に)
今回のベストショット(個人的に)
新しい事を覚えると夢中になってしまい周りが見えなくなってしまう僕ですが、気付けば友人達も無言で写真を撮りまくってました(笑)

自分たちが納得するまで写真を撮り、一服しようと思った時に凄まじい音が聞こえました。
友人のお腹が空腹の限界に来たのでしょう、「私お腹減ってるんです、気付いてください」となかなかの自己主張です(^_^.)
時計を見ると15時・・・時間を見ると僕もお腹が減ってきました。

道の駅に向かって帰ると、朝通った風景とは違い。
太陽の光も淡くなり、その光が木々の間を射す様子や散策道を通る風も心地よく感じました。

帰ろうとすると、心残りが出てきますが・・・帰らねば(;一_一)
次は紅葉を撮りに来たいと思います。その時も記事で皆さんに魅力をお伝えしますので、ご期待ください!!

撮影を終えて

今回の取材は最初にお伝えしたように、天気も良く最高の休日となりました。
ただ気温は高いままだったので、少しバテ気味になってしまいました(笑)

それでも、美霞洞渓谷の川沿いでは心地よい温度で、体感ですが27℃前後といったところでしょうか。
渓谷の間を通り抜ける風やその風に揺らされる木々の音を聞いているだけでも癒されました。
これから、まだまだ暑くなってくるかと思いますが、僕が自信を持ってオススメできるスポットですので、皆さん是非遊びに行ってみてくださいね。

これからも、僕の記事を通して「香川県の自然」をテーマに情報をお届けしていきたいと思います。

最後まで、ご愛読ありがとうございます。

番外編~道の駅ことなみ~

道の駅ことなみにて蕎麦を食す

道の駅ことなみ&エピアみかど
道の駅ことなみ&エピアみかど
天ぷら蕎麦(大盛り)
天ぷら蕎麦(大盛り)
道の駅ことなみには、食事処もあります。

撮影帰りに立ち寄り、遅めの昼食を食べました。
カツ丼か天ぷら蕎麦を食べるかを悩みましたが、5分ぐらい考えて天ぷら蕎麦を注文しました。
出汁の風味がしっかりとしていて、飽きのこない味でした。天ぷらも揚げたての熱々でサクサクとした食感と素材の味が最高でした。
次回訪れた時はカツ丼食べます!!

平賀源内ゆかりの温泉

ご飯を食べた後は、同じ建物内にある温泉に入りました。
少し熱めの温度で、ぬめりのある湯でした。効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなどがあり、特に美肌効果、健康回復、末梢循環、神経障害に効果があるそうなので、女性の方におすすめですね(^O^)/

お風呂を出てから休憩部屋に行くと、ビンのジンジャエールを発見して衝動買い。
炭酸強めでお風呂上りには最高でした。
しかも、自販機のデザインは他の編集者が言うには「なつかしい自販機」だそうです。
くぅ~!!もう一杯!!
くぅ~!!もう一杯!!
レアな自販機?
レアな自販機?


きっとお出かけしたくなるスポットをご紹介
※道の駅 ことなみの情報はこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう
まいぷれ高松の最新記事をお届けします

PICK UP 高松のお店 ~遊び・トラベル~

  • ホームランドーム高松店

    ホームランドーム高松店

    高松市木太町1127

    [ スポーツアミューズメント ]
    3世代で楽しめる! 全天候型スポーツアミューズメント