地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、高松の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

高松の地域情報サイト「まいぷれ」高松市

編集部が行ってみた!

@びわのだんなの香川放浪記 第6回「津田の松原サービスエリア」

~ここでしか味わえないモノがある~

まいぷれ編集部、@びわのだんなです。今回は高速道路を通らなくても行くことができる、「津田の松原サービスエリア」に行ってきました!
珍しい食べ物も含め、このサービスエリアのご紹介をいたします。
津田の松原サービスエリアは、高松市から徳島市までの高速道路の間で唯一のサービスエリア。
店内に入ってみると、四国名産のお土産コーナーとフードコートがあり、本州からの旅行客の方は、何を買って帰ろうかと迷いそうなほど種類が豊富でした。フードコートではさぬきうどんはもちろんのこと、このサービスエリアでしか販売していない食べ物もありました。
ここでしか食べられないモノとは、「さぬきうどんバーガー」という名の世にも珍しいハンバーガーです。しょうが風味の醤油ダレに絡めたうどんやネギ、かつお節や鶏肉のハンバーグに目玉焼きと、さぬきうどんの味をハンバーガーで再現!
土日祝だけの個数限定販売ですので、食べてみたい方はくれぐれもお早めに!!
他に、津田の松原サービスエリアの美味しいものランキングNo.1の「瀬戸内ぶりの漬け丼」とNo.3の「しらす丼」も食べてみました。
「瀬戸内ぶりの漬け丼」は、ぶりやはまちが大好きな私としましては、ぜひ食べねばと思い即注文。ちょっと小ぶりな丼に、特製ダレに漬けこんだ瀬戸内でとれたぶりがご飯の上にのっていました。脂ののったぶりにわさび醤油がとても合い、女性でもペロッと食べられそうな量でした。なので、私は漬け丼を食べた後、さぬきうどんバーガーも一緒に食べちゃいました♪
「しらす丼」は、真っ白な釜揚げしらすに真ん中にうずらの卵、きざみネギの緑と食欲をそそる彩りもバツグン。テーブルにあった特製のだし醤油をかけていただきました。
食べた瞬間、しらすのほんのり塩味の効いた味が口の中いっぱいに広がってきます。そして、少し卵の黄身を絡ませながら食べるとまた味がまろやかになりました。やっぱり地元でとれたしらすは、新鮮で美味しかったです。
お土産はやはり香川県ということで、さぬきうどんが数多く並んでいました。また、私が個人的に良いなと思ったのは、ひとつひとつ手作りで作られていて、ひとつとして同じデザインのない「讃岐装飾瓦」です。讃岐における瓦は、奈良時代から盛んに作られていたと言われ、中でも「鬼瓦」は魔除けとしてかなり古くから利用されていたそうです。
津田の松原サービスエリアは「さぬきうどんバーガー」のようなここでしか味わえない食べ物があったり、古い歴史が今でも受け継がれている「讃岐装飾瓦」があったりと、特徴のあるサービスエリアでした。
また、国道11号線沿いにある「道の駅 津田の松原」からも近く、海辺で遊べたり松林で自然にふれあえることができると思います。
名物を味わい、名産を楽しみ、自然を感じることのできる「津田の松原サービスエリア」へ家族みんなで遊びに行ってはいかがでしょうか。
~ 編集部員 @びわのだんな ~
名称 津田の松原サービスエリア
住所 さぬき市津田町鶴羽935-5
電話番号 0879-42-1777
併設施設 インフォメーション・物産販売・フードコートほか
駐車場 大型21台・普通60台・身障者用2台
関連ページ 津田の松原サービスエリア公式HP

関連記事

この記事を読んで、道の駅にも行ってみたいと思われた方はこちら↓
この記事が気に入ったら いいね!しよう
まいぷれ高松の最新記事をお届けします

PICK UP 高松のお店 ~遊び・トラベル~

  • ホームランドーム高松店

    ホームランドーム高松店

    高松市木太町1127

    [ スポーツアミューズメント ]
    3世代で楽しめる! 全天候型スポーツアミューズメント