地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、高松の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

高松の地域情報サイト「まいぷれ」高松市

編集部が行ってみた!

「飯山町美人多し・・・わき見運転注意」の立て看板を調査してきた!

本当に美人はいるのか!?

まいぷれ編集部の「まっちゃん」です。

今日から新コーナー「ちょいネタ探検隊がゆく!」が始まりました!
これは地元の不思議な場所や普段気になっているけど、じつはよく知らないコトなどを現地調査に行く企画で、地元の「なんだこれ!?」をお届けしていきます。 

記念すべき第1回目は、飯山町にあるちょっと変わった立て看板。
なぜ第1回目が立て看板かというと、じつはわたくし、以前からおかしな看板の情報をキャッチしていました。
それを思い切って編集長に耳打ちすると、「それだっ!!それを待っていた!!」と身を乗り出し、「よし!今日からお前がちょいネタ探検隊長だ!今からすぐに行ってこい!」という指令が。

任命を受けたわたくしは隊長特権を使い、事情も知らずランチにでかける源九郎を副隊長に任命し、いざ現地へ出発しました。

飯山町に来たど~

今回我々が向かう飯山町をちょっとご紹介。
飯山町(はんざんちょう)は、香川県のほぼ中央部にあり、高松市内から車で約25分ほど。
特産品の桃が有名で、讃岐平野のシンボルである讃岐富士こと飯野山(いいのやま)の南麓に広がる、のどかな田園の町です。

空腹で不機嫌な副隊長こと源九郎を横に乗せ、車を西へ走らせること約30分。

源九郎「あの山がもしかして飯野山?」

まっちゃん「そうや副隊長!あのなだらかな傾斜から広がる裾野が特徴や。きれいやのう。」

源九郎「(副隊長てなんやろ・・)」 

みどり萌えたつ讃岐富士<br><br>
みどり萌えたつ讃岐富士

看板に到着!

源九郎「あっ!?あれが看板じゃないスか?」

まっちゃん「そうだ!・・・ん?美人じゃなくて、うなぎの看板やん!?」

源九郎「いや、どじょうっス。どぜう汁って有名なんスか?」

まっちゃん「話したら長うなるのう・・・」

源九郎「手短にお願いします。」

まっちゃん「飯山町が発祥の地でな、農作業を頑張る讃岐人のスタミナ食や!香川は昔から雨が少のうて、水不足を解消する為にため池を造った。それで池から水田に来るどじょうを捕まえて食べたのが始まりや。」

源九郎「で、それって美味いんスか?」

まっちゃん「いや、実はな、食べたことないんや(笑)」

源九郎「・・どじょうから苦情が来ますよ!」

どぜう汁は讃岐のスタミナ食
どぜう汁は讃岐のスタミナ食

そんなやり取りをしながら、どぜう汁の看板の裏を見ると、ついに発見しました!噂の看板を。

噂の看板 縦バージョン
噂の看板 縦バージョン

この看板、こうして間近で見ると、なんとなくにやけてしまう。

噂によるとこの看板は、交通安全を促す意味で今から35~40年前に立てられ、数年前の全国放送で取り上げられ一躍有名になったらしい。

しかし、この看板の通り本当に美人が多いのか?編集長でなくても気になるところ。

そこで看板周辺の聞き込みを始めてみました。
通りすがりの人に話を聞こうと辺りをウロウロしていたのですが、待てど暮らせど歩行者の姿なし。

しばらく歩いても誰とも遭遇せず、思い切ってコンビニで聞いてみることに。

噂の看板 横バージョン<br><br>
噂の看板 横バージョン

突撃インタビュー開始!

「あのう・・目の前の県道沿いにあります、美人多しの看板についてお話をうかがいたいのですが・・・」
すると、お仕事でお忙しいなか、快く聞き込み調査にご協力いただきました。

まっちゃん「看板通り、飯山町に美人は多いのでしょうか?」

店員さん「あの看板は知ってますよ。毎日来店されるお客様にきれいな方がみえます!」

他の店員さんに訊ねてみてもやはり同じご意見。
う~ん・・あながち看板は嘘ではないといったところか・・

こうなるともっと確かめたくなるのが我々探検隊のサガ。

といっても腹が減っては戦はできぬ。遅くなったがコンビニランチを食べながら作戦会議。

まっちゃん「よし、こうなったら一軒ずつ訪ねてみんか?」

源九郎「ぶっ・・」と、たらこパスタの噴出をこらえつつ「そ、そうスね」

まっちゃん「お隣は・・理髪店や!いこう!」

ローソン丸亀飯山町 吉川さん
ローソン丸亀飯山町 吉川さん

調子にのったちょいネタ探検隊は、お隣の理髪店にも飛び込みました。
こちらもお仕事中だったのですが、聞き込み調査にご協力いただきました。

ヘアーサロン松浦 松浦さん
ヘアーサロン松浦 松浦さん

すると、やはり看板の存在はご存知で、「看板を特段意識して見ていないけれど、近くのホ〇ダのディーラーさんにきれいな方がいますよ!」

まっちゃん「こりゃ間違いなく美人の町やのう!」

源九郎「そうスね!」

まっちゃん「次はそこのバレエ教室に飛びこんでみんか?」

源九郎「(・・このおっさんひつこいな)」※しつこいの意味 

そして、バレエ教室へ。
教室がお休みだった事もあり、教室の川西先生と、隣接する歯科医院にお勤めのお母様にもゆっくりお話を聞くことができました。

お母様にお聞きすると、「看板のインパクトは大よ!!でも、美人が多い意識はないかな・・というより田舎なので人が出歩いてないわね(笑)」

すると川西先生も、「そうそう、人があまり出歩いていないので、美人が多い少ないっていう看板自体がどうなのかなあ・・」
「あっ、でも近くのコンビニやスーパーとか人が集まる場所には若いきれいな方をたまに見かけますよ。」

お話の途中で「美人いない説」も飛び出しましたが(笑)、どうやらあの看板に嘘はないようです!

「バレエで心も体も健康に!また笑って見える白い歯を美しく保つ事がきれいの秘訣」とお二人は最後に話してくださいました。やはり説得力あるなぁ・・・

セントラルバレエステージの川西先生とお母様<br><br>
セントラルバレエステージの川西先生とお母様

「飯山町美人多し」の看板の場所はココ!

【高松からのアクセス】
・高松市内から国道11号線を西へ走り、県道33号線(旧11号線)へ差し掛かる前谷東の交差点を坂出方面(33号線)へ。
・しばらく進み、左手にガソリンスタンドがある新宮の交差点を、県道18号線(善通寺府中線)へ。
・そのまま道なりに5キロほど進み、左手にコンビニが見えたら美人多しの看板まで約350m。

探検レポート

今回の調査で、看板はどうやら真実らしいという確信を得ました。
しかもお話を伺った皆さんがとてもお美しい(>v<) 高松を飛び出し、飯山まで調査に行ってきた甲斐があった~(^◇^)

ただ、この看板の設置には交通事故を減らしたいという想いが込められているはず。

かつて香川県は、人口10万人当たりの交通事故死者数が全国ワースト1位だった経緯があり、ハンドルを握る我々一人ひとりが、改めて安全運転を心がけることが何より大切だと感じました。

皆さん!運転中には美人や仮想世界のモンスターを探してはいけません!!


我々ちょいネタ探検隊は、これからもちょっと気になるあんなネタやこんなネタを、ドンドン調査していくのであります!

乞うご期待!

車の運転で疲れたときは道の駅でひと休み。新たな発見があるかも!?
あなたの街のお出かけスポット(道の駅特集)

この記事が気に入ったら いいね!しよう
まいぷれ高松の最新記事をお届けします

PICK UP 高松のお店 ~グルメ~

  • かにわしタルト店

    かにわしタルト店

    高松市木太町2区1559-15

    [ カフェ/フルーツタルト専門店 ]
    全国の果物を使った、こだわりのフルーツタルト専門店

  • ゆば膳

    ゆば膳

    高松市一宮町1628-2

    [ 寿司・湯葉料理 ]
    ゆば膳の「本まぐろ」にはプライドがある。

  • フロレスタことでん瓦町駅店

    フロレスタことでん瓦町駅店

    高松市常磐町1-3-1

    [ ドーナツ専門店 ]
    子供に安心して食べさせられる自然な素材を使った手作りドーナツ

  • ラーメン回天

    ラーメン回天

    高松市香西東町579-1

    [ ラーメン ]
    白菜と豚肉を唐辛子でからめた具をのせたラーメン!

  • Trattoria Miele

    Trattoria Miele

    高松市鍛冶屋町6-4 福崎ビル1階

    [ イタリアン ]
    バル使いから記念日のディナーコースまでミエーレにお任せ!!

  • 牛角 高松レインボー通り店

    牛角 高松レインボー通り店

    高松市松縄町1003-7 レインボータウン1階

    [ 焼肉店 ]
    炭火で引き出す肉の旨みをお手軽価格で!