地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、高松の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

高松の地域情報サイト「まいぷれ」高松市

気になること調べてみた

大熊 惹句(おおくま じゃっく)の徳島旅行

滝見たくなり徳島に行ってきた。


先日、無性に滝が見たくなりまして…行ってきました、1泊2日の小旅行。
轟の滝をはじめとして大歩危・小歩危まで、ある意味徳島を横断しました。
めちゃくちゃ距離がありました(笑)
道中で災難にも見舞われて、ある意味充実した旅行でした。


まず目指すは、徳島県海部郡海陽町にある滝。日本の滝百選にも選ばれている「轟九十九滝(とどろきくじゅうくたき)」

着くとすぐに滝を見ることが出来ます。写真の滝は「轟本滝」と呼ばれているそうで、落差が58メートルもあります。写真を撮った場所でも滝までは距離があるんですが、ビショビショになってしまいました(笑)

本滝の上には7つの滝が続き、遊歩道を1500メートル登った地点に轟神社奥宮の鍋割(なべわり)神社の御神体である鍋割滝がある。
最終地点まで1時間程度らしいのですが、運動不足の私は倍以上の時間がかかりました。目的地の鍋割神社に到着した頃には、膝が笑っていました。


奥祖谷にある宿に向かう道中、自然を満喫して気分も上昇中で宿に向かっている途中に前方から異音&ハンドルがめちゃくちゃ重くなり、「なんぞ?」と思い車を降りタイヤを見ると・・・まぁパンクですよね。一瞬にしてテンション底辺になりました。でも焦りよりタイヤの交換費用が先に頭に浮かんできました(笑)
とりあえずJAFを呼び応急処置してもらいました。人里離れた山道にも関わらず1時間程度で来てくれました。

この後無事、宿まで到着しましたが・・・疲労感が半端なかったです。


2日目は特に予定していなかったので、宿から車で15分ほど走った所にある「奥祖谷二重かずら橋」に行きました。このかずら橋は通称「男橋女橋」や「夫婦橋」と呼ばれていて、写真の橋は男橋です。また人力のロープウェイがあるのも特徴ではないでしょうか。
怖くて体験してないですけど・・・(高所恐怖症なもんで)


今回の小旅行は、まぁなんとも言えない結果ではありましたが、いろいろな意味で楽しむことが出来ました。
心残りと言えば渓流釣りが出来なかったこと!!次は渓流釣りを目的に旅行計画中です。


P.S.
徳島への道中でちょっと立ち寄るなら「道の駅 津田の松原」がお薦め。
国道11号線沿いにあり、みごとな黒松が立ち並ぶ琴林公園の一角にあります。駐車場も広いので気軽に立ち寄れ、物産センターにはさぬき市の特産品がたくさん並んでいるので、お土産も買えちゃいます。

なかでも特にオススメなのが、施設内にあるセルフの「松原うどん」
じつはこのお店、東の人気店で、一番人気はボリューム満点の肉うどんと肉ぶっかけ。うどんが見えないくらいお肉が山盛りです!

徳島旅行でおなかが空いたら「うどん休憩」してみては?

「道の駅 津田の松原」のお出かけマップはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう
まいぷれ高松の最新記事をお届けします